深川八幡祭り(3)

富岡八幡宮の氏子は江東区の深川だけでなく、中央区の箱崎や新川も含まれます。そのため、神輿も隅田川を渡ります。

清洲橋を渡り、

水かけ祭り12

永代橋を渡ります。

水かけ祭り14

意外と神輿と佃の高層マンションは良く似合います。

水かけ祭り15

後半戦も水が舞います。こっちでも、

水かけ祭り16

あっちでも、

水かけ祭り17

そして、ゴールの富岡八幡宮に到着します。

水かけ祭り18

ゴールした後も祭囃子がずっと流れていました。

水かけ祭り20
スポンサーサイト

防災週間

8月30日から9月5日は防災週間です。

東日本大震災を踏まえ、普段からの災害に対する備えがより重要になりました。

非常用持出品(救急箱、懐中電灯、ラジオ、乾電池等)の準備や3日分以上の食料、飲料水等の備蓄などできることからやりたいと思います。

また、大雨により広島が甚大な災害に見舞われましたが、土砂災害のおそれのある地区を国土交通省の土砂災害危険箇所マップで確認できます。

通勤災害と認められない場合

本日は通勤災害についてご質問がありました。

社員が帰宅中にケガをした場合は、通勤災害となります。

ただし、途中で飲みに行った場合、その後ケガをしても通勤災害と認められない場合があります。

なお、日常品の購入で買い物をして、通常の通勤経路に戻った後は通勤災害と認められます。

寒い朝

もの凄く、寒い朝に感じます。

夏の暑さに慣れてしまったのか、朝の気温に対応できません。

この先一週間は、涼しい日が続くようです。

寒暖差がありますので、体調管理にはご注意ください。

通勤手当の変更

本日は通勤手当の変更の連絡がありました。

住所変更等により通勤手当が変わる場合は原則、固定的賃金の変更になります。

計算して必要があれば月額変更届を提出します。

通勤手当の変更額が少なくても、残業代の関係で保険料が変更する場合があります。
プロフィール

大下高志

Author:大下高志
 
日常の「小さなトラブルや不便さ」は「大きなリスクと負担」につながります。大下社会保険労務士事務所は人事業務の中でどんな小さな問題でもいち早く解決し、社長様をとことんサポートします。

立命館大学経済学部卒業後、建設会社(ゼネコン)に入社し経理、現場の労務管理・安全衛生管理業務に従事。その後、日本橋の社会保険労務士事務所の勤務を経て江東区木場に大下社会保険労務士事務所を開設。

大下社会保険労務士事務所
東京都江東区木場3-12-1
TEL 03-3643-1546
FAX 03-3643-1547
http://www.ooshita-office.com

カレンダー&アーカイブ(Tree)
07 | 2014/08 | 09
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

+ アーカイブ
 
最新記事
フォトブック
(クリスマス) クリスマス ラスト1ヶ月がんばります。
カテゴリ
江戸文化歴史検定 2級合格
江戸検2級      江戸時代、ここ深川は庶民文化の中心であり、また仕事でよく行く日本橋は江戸文化の中心ともいえます。 江戸検を勉強しながらこの地域の文化や歴史を楽しく学んでいます。
藤の花育成基金
太鼓橋 亀戸天神では15棚100株の藤を守り育て、次の世代へ末永く伝えてゆくために「藤の花育成基金」を設立しています。一口 3,000円で、「ふじみ守」もいただけます。 ふじみ守
これまでの軌跡 1
時はバブル崩壊、夜10時頃自宅でゆっくりテレビを見ていると、ニュースで自分の会社が会社更生法を申請したと伝えていました。びっくりする暇もなく、それから半年ほど土日はもちろん24時間対応に追われ、精神的にもつらい日々が続きました。 
これまでの軌跡 2
その後、社会保険労務士の資格を取り日本橋の社会保険労務士事務所に勤務しました。この事務所はかなり有名で毎日労務相談や書類の作成に追われ、給与計算は800人以上の会社も担当していました。かなりハードな毎日でしたが、事務所の所長や所員のみなさんのおかげで充実した楽しい日々が送れました。
これまでの軌跡 3
おかげさまで、江東区木場に大下社会保険労務士事務所を開設して何年も経ちました。現在も江東区、中央区、千代田区、江戸川区、墨田区を中心に活動しています。いろいろありましたが、つらい日々を経験したことで精神的にも成長できたと思いますし仕事に対しても絶対的な自信があります。今後とも「地域密着」によりできる限りの迅速対応とコミュニケーションを大切にし、社長様をとことんサポートしていきます。
お知らせ
ブログに掲載されている内容の全部又は一部を許可なく複製や転用することを禁じます。また、ブログの内容を実践されたことにより損害が発生したとしても、弊事務所は何ら賠償の責を負いません。